Entry

Category: 映画

未だかいてる(追記2)

配置してみた。表情足りていないからあちこち抜けているけど。
おお。イイカンジかも知れない。
あとは、これが印刷にちゃんと出るかどうかだー。
コピー誌ってセンはなくなった。この大きさだと、コピーではボッケボケになっちゃって再現できない。
http://blue.sakura.ne.jp/~wolf/test.pdf

-----

映画「ウォーリー」を観てきた。
とりあえず、廃墟にいる旧式のロボット、という一枚のポスターで人間くさいロボ・物に宿る心・ちょっと切ないネタ大好きな私の心はわしづかみにされて、もう他には何の情報も入れずに観に行ったのですが。
イイ。あれはいいぞ。面白い。
てかもう、ウォーリー可愛すぎる!
「良かった!」って語るとネタバレの嵐になってしまうのでひかえるけど。
もっかい観たいぞ!

ある程度数がそろってきたのでずらーっと並べてみた。


アイコンでもある程度身長も反映させております(笑)
うーん、まあ、見分け、つかないこともないかな?
せっかく描いたアクションがほとんど分からんけど、まー、全部同じ角度よりはいいだろう。多分。
ケインとキリクの区別はちょっと不安だったけど、できあがってみるとそれほど似てもいないな。
あとの問題はルビー・ラピス姉妹か。
見分けがつくかどうかもあるし、可愛く描けるかどうかもあるし……
今週の課題は姉妹だな。

-----

今のこのシリーズ描き始めてから、「自分の絵柄は古いんだろうな」と思い始めた。
まあ、正直絵の新しい古いはよくわからんので見る側になっても気にしたことは全くなかったんだけどな。
ドット絵もあちこちで見かける絵柄と違うようだし、流行りからは外れまくってんだろうな。
うーん、でもまあ、いいか。
かきたい時にかきたい物かきたいようにかいて、かたっぱしから上げてるだけだしな。
ほんと、いーかげんなサイトです、ここは。
でも楽しい。


ルビー&ラピス諦めてケインへ。
女性が可愛く描けないで困っているのに、ケインがどことなく女性っぽいとか可愛いとか何なの。
後半色々考え事をするヤツなので、思案系の表情を新規で描いてみた。
レオニードほど小憎らしい表情はないなー、とあらためて思った。
自分が未熟者だと知っているからなあ、ケインは。


☆以下14日までの拍手レス
14日23時の方
>ケインが可愛いです!
ありがとうございます!
でも多分、プライドは高いからアタマなでなでしたらすっげぇ怒ります(笑)
女性陣より可愛いのはどうかと思いますよ。ええ。
育ったときの話も、スローペースながら書いております~。
ネタ思いついてからそろそろ一年経つんだろうか(笑)

俺の屍を越えてゆけ

最近のゲーム。俺屍。
どっぷりモードはマゾい。
しかし、子が親を越えてゆく瞬間というものがはっきり分かって面白い。
できの悪い子は本気で戦力にならず、その後数年苦労することになるので、本気で編成考えなきゃならなくなるのもまた良い。
やっと水道に挑んだよ! まあまあ余裕はあったけどやっぱり流されそうで怖かったよ!


信じがたいことに、本職が忙しいのです。
来週は戻ってこられるかと思ったのですが、来月までは無理っぽい?

全然関係ないけど、「おくりびと」は良い映画だと思いました。

実写映画 ゲゲゲの鬼太郎

観てきたよぅ。
前作がむちゃくちゃやってるくせに、原作の小ネタを丁寧に抑えてて面白かったんで、今回も! と。

今回は全体的に「ネタ仕込んでます!」というのが多すぎたかなというきらいはあるけど、全体通しては面白かった。
まあ、一番の感動シーンに突っ込みたくて仕方なくなったり、「海外の妖怪」に突っ込みたくなったりしたが。
そして相変わらず思春期の鬼太郎やさぐれすぎ(笑)
そして相変わらず原作ネタ濃すぎ。
前作で「毛針撃ちすぎて……」をやってくれたし、あれ以上濃いのはあるまいと思っていたら、誕生シーンだの再生だの……うーん。濃い。濃すぎる。

そしてこなき爺と砂かけ婆かっこいい。
語るとネタバレになってしまうが、ラスボスの動きがかっこいい。長い人じゃない方ね。

原作ともアニメとも全然別物として、突っ込みどころは多数あれども楽しい娯楽映画でありました。
あいつが説教始めちゃったのはどーかと思ったけどね……

 

☆以下13日までの拍手レス
7時の方
>ライブアライブの曲を探して来ました
ありがとうございます。
以前いらしたことがあるんでしょうか。照れますね。
現在更新停滞中で申し訳ないですが。コメントありがとうございます。

21時の方
>質問への回答ありがとうございました!
ありがとうございます。ゴート二世の「理由」はあんな感じなんですが、良かったでしょうか。
本当にキャラの裏設定なんて気がつくと何となく「んー、多分こんな感じ?」程度にできているようなものなので、改めてきちんと文章にして、ああそうだったのかと自分で納得したりします。
まあ、大事件だの大仰な過去だのじゃなくても、人間色々抱えてるんですよということでひとつ!
でもああいう無駄設定をぐだぐだ書いていると結構楽しいので、たまーに拍手にかこつけてぺちぺち書こうと思います(笑)
やっと巨大な壁を突破しました。これからも頑張ります。

メディねえさん

今日はセガのゲームは世界いちぃぃぃ! に一般参加してきたよ!
バニレン本あったらしいのに見逃してきたらしいよ!
……ソニックとか、大好きだったけど最近見かけなかった人の本とか買えたからよしとしよう。

映画「NEXT」観てきた。
面白かった……んだが、なんというか、もうあちこちで噴いた。
ああ、少しでも重大なネタバレになるから反転でも語れねぇ(笑)


さてさて、ここからいつもの世界樹話ですよ。

「ルシオンの日記」では、私の勝手な妄想と勘違いによってキャラクターが作られております。
一応公式的には「男性用グラフィック」を女性と解釈するのはもう二度ほどやってますね。

で、かなり大きなものとしてはエトリアのブシドー、ジンライ氏です。
あれは、公式イラストの刀を高く構えているイラストでは口ひげが見えず、ちょっと無精髭が生えている程度だと思い込んだのと、それほど髪の色が薄く見えなかったせいで、「おじさん」だと思ったんですよね。
あとで追加されたイラストではモロに「おじいさん」でしたが。
だからうちのブシドーはあんな若いのです。
……ってのは前に書きましたか。
余所様のサイトで同じように無精髭設定しているイラストを見て「同士!」と心の中で叫んだりしましたよ。ええもう。
渋かっこいいオヤジが好きなんだってばさ! 派手さはないけど若手を補佐しつつ、時々ぴりっと締める、そんな脇役的オヤジがいいんだよ!
……ジンライが渋カッコいいかは別として!

んで、わりと最近気付いた、勘違いによるキャラ造形。
メディ姉さんのひらひらリボンって、あれ服から出てるんだ?
ぜったい髪の毛垂れてこないようにくくってるんだって信じて疑わなかったよ!
よく考えたら、あんな太いリボンで少量の髪の毛くくったらもの凄いことになるよね……
と、これは世界樹マンガのラピスの後ろ姿描いてて気付きました。遅すぎる。
でもまあ、今更しょうがないので、うちのラピスさんは髪の毛リボンでくくってることにします。

あと、最初黒ダクハンに泣き黒子があるのに気付いていなかったので、ゴート二世には黒子ありません。

こんな感じで、イラストを見たときの勘違いや思いこみで自分だけのキャラクターできちゃったって人も、それなりにいるんじゃないかなと思ったらちょっと面白くなった。

オレンジの髪の毛のバード、一応男性絵だけど、女性だと思っていた人はかなりいるみたいだしね。

☆以下29日までの拍手レス
29日1時の方
>最後の足掻きがあれば生存率は割とマシですが……(世界樹ペット)
足掻きはとったんですけど、心臓によろしくないもので。
忠犬設定だったんですか、そりゃもう真っ先に取りたくなってしまうスキルですよね。
ペット自身の長生きとパーティーの心の平穏のため、次回があるならもう少し庇う側に恩恵が欲しいと思います。せめてペットの防御力を反映して欲しいと!

29日23時の方
>オリキャラOPムービー妄想なんてしょっちゅうだ!
脳内で色々やってる人は多いと思うんですよね。それを実現する人はクリエイターであり、脳内だけで満足する人は単なる凡人である。
……たまに出力しない方が良かったんじゃないかってものもありますが。

電車男・ロックマンDASHとブレス3PSPに移植

 

昨日日記の日付を間違えて、絵の投稿はずらすの面倒だからそのまま追記。


電車男、観てきました。
わりとバレありでちまちまと感想。


原作はかなり前にまとめサイト読んで知っていたが、本になり漫画になり映画になり、の流れに驚いた。
2ちゃんの独特の言葉とかどうするんだ? そのままのノリじゃないと面白くないだろうけど、そんなもんセリフにしちゃっていいのか?
だいたい原作は掲示板でのやり取りなのに、どうやってこんなの映画にするんだ?

面白かった。中盤から後半、ややだれたり正直見るの辛いようなシーンもあったけど、色々な小ネタとかかなり笑えた。
ただ、衛生兵! とかあの戦闘シーン、原作や2ちゃんに触れていないと意味分からないんじゃ。私は笑ったが。
しかしやっぱり、ふたつ。
エルメスはあくまでも電車男の視点だから「理想の女性」だ。だからこそだけど、こんな女いるかぁーっ!?
あと、やっぱ2ちゃん語を言葉で聞くとすっげー違和感がある。これがきっかけで普通に流行っちゃったりしたら、やだな。
ラストのキターの嵐と、映画のあちこちに散りばめられたorzに笑った。職場のフィギュアが減ってくんだけど、一つだけ残ったガンダムがorzしてるとか、ホームのシーンで電車本人がorzしてるとか。感動の場面なのに笑えてしょうがなかった。


まず最初に「あれ、リーマンは?」って疑問を抱いたが、なるほどそういうオチなのね。
電車男に助言しつつ名無しのみんなも代わってゆくという展開は良かったと思う。でも後半二人だけの恋愛劇になっちゃうと、見るの辛いシーンが多かった。
で、ホーム。
うーん。
パンフ読んで狙いはわかったんだけど、やっぱ、「うわー」って感じは抜けないな。解りやすい演出だったとは思うけど、いきなりファンタジーの世界に飛んじゃうし、こっぱずかしい。(その点では戦場もそうだったのかなぁ)
無数のキーの音が聞こえるところは良かったと思うんだけどなー。

しかし、これでまたにわかちゃんねらが増えてたりしたら嫌だな……。

===============

らくがきは、直後「ごっめーんロック」で。ほんと真面目に戦っててピンチの時にやられると、凄まじく哀しくなります。ちゃんと前を見ろロールちゃん! せめてクラクション鳴らしてくれロールちゃん! 心も体も痛いよロールちゃん!
基本的にいい子の筈なのに、色々細かなところでやらかしてくれますよねぇ、彼女……。
ロールにトロンにマザーに、ロックは女で苦労するな。

ロックマンDASHとブレスオブファイア3がPSPに移植されます。
うーん、本体持っていれば即買いなんだけど、持ってないし買う予定も今のところないからなぁ。嬉しいんだけど、微妙。
PSPってどのくらい丈夫なんでしょうか……
もうちょっと将来性があれば突撃してもいいんだけど、現状ではいくら好きでも既にプレイしたゲーム数本の為に突撃する勇気はないな。

しゃおむー

久々のらくがき。シャオムウかわええ。
とにかくこの二人が描きたかっただけ。アンキモアンキモ。

そうそう、I'RobotのDVD特典にCGとか作った人々のコメンタリーが入ってた。すげー面白かった。
やっぱりあれだけのものを作るには凄まじく手間がかかったのだなぁ。
ってか、人間の演者とロボの表情を一コマ一コマみて合わせるなんて、そんなことやってるのかあれ。血管ぶちきれそうだな。だからあれだけ表情豊かなんだねぇ。すげぇ。

笑の大学

かなーり前に劇場のCM観て面白そうだと思っていたので見る気満々だったんですが、やっと観てきました。
すげー面白かったし、舞台はずっと取調室、登場人物は二人だけ、でよくもまあこんな作品を作ったものだと……上演しているところが少なかったのが勿体無い感じですね。
ただ、私は特番を見てから行ったんだけど、見なきゃ良かったと心底後悔しました。かなりネタバラシされてるんだもんなぁ……
最後、もうひと押しほしいなぁと思ったんだけど、椿一のモデルのことを知って納得。

I' Robot(映画観た感想)

小説と全然関係ねぇー!

以上。


というのもあんまりだから、ちまっと。
ロボットアクションはかなり爽快。かなり容赦ないことはやっているんだけど、生々しさは無いので気が散らない。
ちょっと嫌な言い方だけど、やっぱり「部品」として動いている機械には同情は感じられないんだなと思った。


以下は人によってはネタバレと感じるかもしれない。


ストーリーに関する目新しさは全然無い。
けれど、面白いと感じた。安心して観られるって言うかな。
ただ、小説のメインテーマからはちょっとずれているかもしれないと感じた。
あまり頭使わないで観られる映画かな。ちょっとゲームっぽい。

以下はネタバレ。

Pagination

  • Newer
  • Older
  • Page
  • 1

Utility

Recent Comment

Feed

タグクラウド