TWilight INSanity トップページ

TWilight INSanity

2007/04/25 
・TWilight INSanity 特別企画 ⇒こちら
 結果は⇒こちら

・TWilight INSanity SEQUELパッチ (Ver2.00)

Download

適用方法
 ・ Ver1.30に修正していない方は、先にVer1.10およびVer1.20およびVer1.30
  適用してください。
 ・上記リンクよりDownloadし、zipファイルを任意の場所に解凍してください。
 ・解凍したら「Twins_patch_2_00.exe」を起動して、パッチを適用してください。

パッチの修正内容はこちら

・本パッチを適用するとVer 2.00 未満で取得した以下の
  リプレイが正常に再生できない場合があります。

   - 1up アイテムが画面端で反射したと同時に Tension を発動した
    場合のリプレイが正常に再生されない場合があります。


 バグ情報・ご要望をお寄せいただいた方、ありがとうございました。

 過去の更新履歴

ゲーム関連画像


ジャケット絵


スクリーンショット

その他スクリーンショットは、こちら

動作環境

機種 PC/AT互換機 (NEC PC98シリーズでの動作は保証いたしません)
OS Windows 2000 / XP
CPU PentiumIII 1GHz以上
メモリ 256MB 以上
グラフィック 640x480 32bpp表示可能
VRAM64MB 以上搭載した AGP/PCI-Express 接続の 3D 対応ビデオカード

※推奨ビデオカード※
・GeForce3以降
・RADEON 8500以降

※なおオンボードは動作保証外となります。※
サウンド DirectSoundに対応したもの
DirectX 9.0c以上
その他 InternetExplorer6.0以上必須、ゲームパッド推奨
制限 なし(全年齢対象)

ゲーム概要

3 組の【双子】が主人公の、【縦シューティング】ゲーム。

シューティングでありながら、「プレイ内容」と「会話シーンの選択肢」により シナリオ・ステージが分岐する【マルチシナリオ】となっています。

敵を素早く倒せばアイテムがたくさん出現するので、 プレイヤーである双子それぞれの性能を、上手に切り替えてプレイすることが 高得点への鍵となります。そして、それこそが【真実のシナリオ】へ到達する道にもなります。

キャラクター原画は 蒼空市場の蒼氏 が担当。 ハイクォリティなグラフィックで会話シーンを表現。

渾身の力を込めた、永久る〜ぷ初のオリジナル作品。

※画面は、開発中のものです。


シナリオ概要

西暦 2090年―――人々は、現実の世界の隣に、もう一つの世界を手に入れた。
Computer Network の中にある世界、すなわち、「仮想空間」である。

この時代、世界中の人々は、特殊な装置に身を置くことで 仮想空間に仮の体で入り込んで、現実世界とは別の生活を楽しんでいた。 そこで提供される機能は、他人とのコミュニケーションにとどまらず、 仮想都市でのショッピングやレジャーなどの娯楽も含まれている。 さらには、人間の五感さえもシミュレートされ、 手に触れた氷は冷たく、炎は熱く、食べ物は美味しく(あるいは不味く)感じることができる。 もし相手が居るのであれば、異性のぬくもりも感じられるかもしれない。

この仮想空間の名前は「Illnet(イルネット)」
Illnet は、まさにもう一つの世界である。
現実と違うのは、その世界は人の手で作られたものということだけ。

Illnet が誕生してから 10 年が経過した 2100 年 1 月。
Illnet 上の仮想都市の丸ごと1つが、乗っ取られるという事件が起きる。
仮想空間に精神だけが残されてしまう「バニシング・ゴースト」と呼ばれる現象を併発し、 混乱に支配された Illnet。

6 人(3 組の双子)の少年と少女たちは、まだ知らない。

この事件の夜が、6 人の、そして、Illnet の未来を決める分岐点であったということに……


登場キャラクター

双子その1 : 羽板 さくら(妹)・羽板 慎也(兄)

「はねいた さくら」(左)、「はねいた しんや」(右)

二卵性双生児の兄妹。16歳。高校1年。
少々天然気味の妹と、冷静沈着な兄。
2人ともプログラミングの才能があり、小さい頃からコンテストで入賞するなど
輝かしい経歴を持っている。
兄は、高校生にして、とある研究所の研究員となっている。
しかし、さくらは、今はあまりプログラムに興味がないようだが・・・・


双子その2 : 西條 悠莉(姉)・西條 真悠(妹)

「さいじょう ゆうり」(左)、「さいじょう まゆう」(右)

一卵性双生児の姉妹。18歳。フリーター。
強気な姉と、おっとり系の妹。
見かけはただの高校生に見えるが、実は世を騒がす双子のハッカー。
あちこちに侵入してはいるものの、重要データを盗んだりはしていないようだ。
何か目的があって、あちこちを探しているようだが・・・


双子その3 : ホシミ マイハ(姉)・ホシミ ツバサ(妹)

「星海 舞羽」(左上)、「星海 翼」(右下)

一卵性双生児の姉妹。13歳。中学1年。
ちょっとオトボケな姉と無口な妹。
とある研究のために試験管で「製造された」姉妹。
現在も、研究所から外に出ることは著しく制限されている。
外界から遮断されているため、公にされている情報は少ない。
だが、姉である「マイハ」の戸籍を見ると、そこには「死亡」の2文字が・・・・


敵その1 : ミア=オース

ネット世界Illnetへ入る時の「認証」をつかさどるシステム。
通称「認証ちゃん」。
一部の人には「認証たん」と呼ばれており、可愛がられている。

AIの発展版である「AH」(Artificial Human)のプログラムを実装しており、
制限はあるものの「人の姿」と「簡単な感情」を表現できる。
すべての人間は、Illnetに入る際には、必ず彼女の許可が必要になる。
「AH」には、必ず「ロボット三原則」が組み込まれていて
Illnet上では、プログラムが人間を攻撃することはないはずだが・・・


ゲームシステム

●操作

8方向3ボタン。
 ・ボタン0:ショット(押しっぱなしで低速移動)
 ・ボタン1:Tension発動
 ・ボタン2:双子切り替え
 ・ボタン3:会話スキップ
 ・ボタン4:ショット連射(押しっぱなしでも低速にならない)
 ・ボタン5:ポーズ

※キーボード操作の場合
 ・スペースorEnter:ショット(押しっぱなしで低速移動)
 ・Z:Tension発動
 ・X:双子切り替え
 ・CTRL:会話スキップ
 ・C:ショット連射(押しっぱなしでも低速にならない)
 ・ESC:ポーズ



面構成

6面or7面構成(シナリオにより異なる)
難易度は「Easy,Normal,Hard」の3つですが、シナリオは同じです。
EXTRA面は、真エンディングを見るとプレイできます。



「ショット」と「双子切り替え」について

基本的に、双子の片方は「前方集中」タイプ、もう片方が「広範囲」攻撃タイプに
なっています。
双子については、「双子切り替え」ボタンでいつでも変更できます。(例外あり)
雑魚敵がたくさん出てくるところでは「広範囲」攻撃タイプを使用し、
中型機やボス戦では、「前方集中」タイプを使うと、効率よく敵を倒すことが出来るでしょう。


侵食率について


このゲームは、「画面上に敵がいる」と、それだけで「侵食率」が増加していきます。
「侵食率」は、ゲーム開始時は50%です。
もし、ゲーム中に「侵食率」が100%になってしまった場合、
その時点でゲームオーバーになってしまいます。
また、「侵食率」は、シナリオに大きな影響を与えます。
「侵食率」によって、選択肢が制限されたり、会話シーンが変わったりします。
侵食率を下げるには、次の「倍率について」を参照してください。


倍率について


敵を早く撃破すればするほど、「e-crystal」というアイテムがたくさんでます。
「e-crystal」は、集めると「侵食率」を下げてくれます。
つまり、敵を早く倒せば倒すほど、「侵食率」が下がっていくというわけです。
逆に敵を倒し損ねたり、敵を倒すのに手間取っていると、「侵食率」が上がっていきます。


「Tension」について

 ・Tension発動後は、一定時間、ショット力が大幅にアップします。
 ・Tension発動後は、一定時間全てのアイテムを自動で回収します。
 ・Tension発動直後、自分の周りの敵弾をe-crystalに変えます。
 ・Tension発動直後、画面上の敵弾を消去します。
 ・Tensionを使用できる回数は、e-crystalをたくさん集めると増加します。

Tensionは、使用するとショット力が大きくアップするので、敵を早く倒せます。
すると、e-crystalもたくさん集まります。使いどころが重要になってくるでしょう。
「敵弾」を消去するので、いわゆる緊急回避の「ボム」としても使えますが、
e-crystalをたくさん集めるために、攻撃的に使っていく必要もあります。


「AutoTension」について

このゲームでは、「Tension」が残っている場合にミスをした場合に
自動的にTensionが発動します。
このとき、【残機が減ることはありません】が、Tensionは「ゼロ」になってしまいます。
また、ミスとしてカウントされ、侵食率が大きく上がってしまいます。


双子使用率について


侵食率のほかに、シナリオに影響するのが、この「双子使用率」です。
これは、どちらの双子を長い時間使用しているか?という率です。
単純にstage1からの使用時間を累計していますので、
ある程度は、制御してプレイすることができるでしょう。


EnemyTensionとTensionBreakBonusについて


「ボス」や「一部の中ボス」は、最終形態で強力な攻撃をしてきます。
いわゆる「発狂」ですが、これを「EnemyTension」と呼びます。
この攻撃を、「ノーミス」「ノーテンション」で撃破すると、ボーナススコアが入り
同時に、ボーナスで侵食率が下がります。
このボーナスを「Tension Break Bonus」と呼びます。


アイテム

アイテムには、以下のものがあります。

左上:e-crystal:侵食率が下がります。敵を早く倒せばたくさん出現します。※
右上:スコア:取ると点数がアップします。最初は10点で、
   取るごとに20,40,80と増えていき、最大40960点になります。
左下:1up。残機が1増えます。
右下:x-crystal:侵食率が上がります。※

※がついているものは、常に自動で回収されます。
Tension発動時(「システム」を参照)は、全部のアイテムを自動で回収します。


ONLINE機能

本ゲームには、ONLINE機能があります。
オンライン機能は、いわゆる「スコア登録機能」です。

あなたの名前でスコアが登録され、現在の順位が分かります。
オンライン状態であれば、スコアは、ゲームの終了時に自動的に登録されます。
各順位のスコアを選択すると、各面のスコアも見ることができます。
なお、画面に表示されるスコアは100位までですが、現在の自分の順位は100位以下であっても表示されます。

※オフラインの場合、ONLINEのスコア一覧は、前回に表示した際のものが表示されます。
※オフラインでプレイした場合、その時にはONLINEには登録されませんが、次回のネットワーク接続時に自分の「RECORD」の中のハイスコアが、ONLINEに登録されます。


リプレイスピード


本ゲームには、リプレイ機能があります。
リプレイ中は、キーの左右で、リプレイの速度を変更できます。
最大で8倍までアップできますが、マシンパワーによっては、
処理落ちしてしまう可能性もありますので、ご注意ください。
また、キーの下を押すと、1倍に戻ります。


ダイアログボックスについて


ゲーム開始時に表示されるダイアログボックスは、
「次回以降このダイアログを開かない」をチェックすると、
次回以降は表示されなくなります。

もしも、再度表示したい場合には、ゲームをインストールしたフォルダにある
「nodialog.txt」を削除してください。
次回ゲーム起動時には、ダイアログボックスが表示されます。


キーコンフィグについて


本ゲームでは、ゲームパッド用のキーコンフィグを、「CONFIG」から
行うことができます。

ただし、以下の場合には、Ver1.10パッチで配布されている
「KeyConfig.exe」
を使用して設定してください。

・キーボードの配置を変更したい場合。
・パッドが2つ以上PCに接続されていて、正常にパッドが認識されない場合。

keyconfig

※ボタンの番号が分からない場合には、ゲームパッドだけ選択して、
  ボタンの設定は、ゲーム内の「CONFIG」から設定してください。
Copyright 永久る〜ぷ